来月の予定です。

投稿日: カテゴリー 徒然

以前にもまして映画を観に行く機会が増えているのですが10月・11月と観たい映画が多すぎて何を観に行くべきか絶賛お悩み中な今日この頃です。

本来ですと少しでも出費を抑えるためレイトショーとか映画の日とかで観ているのですが、今回は観たい映画が多すぎるのと前売り特典が欲しいものがいくつかあったので、観たい映画の前売り券をいくつか買いに行ってきました。

というわけで今回は買ってきた前売り券をご紹介です。

 

◎エントリーNo.1

ビブリア古書堂の事件手帖

まだ原作を全部読んだわけではないのですが本にまつわる謎をヒロインが解き明かしていくミステリーです。TVドラマにもなっていましたが、そちらは全く観ておりません。とりあえず特典の小冊子が目当てで買ってみました。

 

◎エントリーNo.2

コードギアス 復活のルルーシュ

TVアニメシリーズは全く観ておりません。少し前に映画でやっていた総集編3部作の興道・叛道・皇道を観たのでその勢いと特典のコードギアス 反逆のルルーシュ ミニストーリー冊子が目当てで買ってみました。ただルルーシュが本当に復活するのか興味津々ではあります。

 

◎エントリーNo.3

怪獣娘(黒) ウルトラ怪獣擬人化計画』

私にしては珍しく1期のTVアニメも観ています。2期はどうだったかな?観たような観てないようなって感じです。ですがあの怪獣たちが萌えキャラとなってスクリーンに登場するのですから観に行かないわけにはいきません。特典のCD+クリアファイルも欲しかったので当然のごとく買いです。

 

◎番外編

GODZILLA 星を喰う者

劇場アニメGODZILLA3部作の最終章がいよいよ上映開始されます。1部・2部とだんだんと盛り上がってきているのでかなり楽しみにしています!ではなぜ番外編かというと予定では前売り券を買うつもりではなかったためです。『GODZILLA 星を喰う者』は観に行くつもりではいましたが特典のクリアファイルはそれほどだったのでレイトショーとかで少しでも安くあげるつもりでした。

実際映画館で注文したのは『ビブリア古書堂の事件手帖』『コードギアス 復活のルルーシュ』『怪獣娘(黒) ウルトラ怪獣擬人化計画』の3点だったのですがなぜかスタッフさんが『ビブリア古書堂の事件手帖』のムビチケと特典、『怪獣娘(黒) ウルトラ怪獣擬人化計画』のムビチケと特典、そして『GODZILLA 星を喰う者』のムビチケと『コードギアス 復活のルルーシュ』の特典を用意してくれたのです。まるで『GODZILLA 星を喰う者』も観に行こうとしているのを知っているかのようなチョイスです。

その後間違いに気づいたスタッフさんがあわてて『コードギアス 復活のルルーシュ』と『GODZILLA 星を喰う者』のムビチケを取り換えようとしましたが金色のクリアファイルに目がくらんだ私は思わず『GODZILLA 星を喰う者』も買います!!と言ってしまったのです、見事スタッフさんの策略に嵌められてしまいました。映画館恐るべし!!です。

とまぁ私の10月・11月の予定はこんな感じになっております。観に行ったらブログにするかもしれませんのでその時はよろしくお願いいたします!!

 

 

超大物作ってました!

投稿日: カテゴリー 徒然

10月は恒例の社内イベント?で超大物を作っていました!!

メタルボックスの新製品というわけではありませんが、スタッフの力試し的な製作イベント?です??

今回のネタは映画「スターゲイト」。

そのスターゲイトより海外製ガレージキット(ですよね?)ラー、アヌビス、ホルスの三体となります。

日本での映画公開はたしか95年くらいだったかとおもいますが、当時なにかでみかけたことがあるような気がしますが、現物を見るのは初めてです。

いまではオークションでもまったく見かけない貴重なものではないでしょうか?

それではさっそく3体並び写真を。

1体1体が40センチくらいある超大物ガレージキットで、撮影が難しいです。

このブログ写真ではなぜか小さく見えてしまってますが、ほんとうにほんとうにすごく大きくて重いです。

 

今回のセンターとなる「ラー」です。

このジュディ・オングのような衣装が前後にも大きく、ファラオのマスクも鈍器のようなレジンの塊です。

全身の細かな彩色はマスキング地獄でした。

塗装をした店長が、ベース色の基本塗装だけで5日5晩マスキングを重ねに重ねて気が狂いそうになりながら塗っていました。

こんなにマスキングしつづけたことは初めてだそうです。

金や赤の刺繍の色入れも地獄という超難関キット。

ラーのおとも?仮面ライダーとかの大幹部?となる「アヌビス」。

造形もすごいんですが、塗装で素材の質感をだすのにものすごく時間がかかって苦労していました。

そして、もう一体の「ホルス」。

作っていても感じたのですが、このガレージキットの原型造形はほんとうにすごいです。

3体とも体格や筋肉が人種ごとに作り分けられているかんじで、とくにこのホルスの造形が個人的には好きです。

取り急ぎ昨夜遅く(今朝)できたてのガレージキット作例写真でした!

スタッフ3人がかりの力作ですので、作っているときの苦労話や塗装についてなどの詳細なことは、それぞれのスタッフがブログに書くと思いますので、それまでのお楽しみということで。

質量的にも工作、塗装ボリューム的にも、スケジュール的にも超ヘビーなものだったので絶望的な作業でしたが・・・貴重な経験ができました!

とりあえず・・・・間に合ってほんとによかった・・・・。

 

全日本ホビーショーその3

投稿日: カテゴリー 徒然

全日本ホビーショーのレポート最終回です。

まずはハセガワさん。

メカトロウィーゴのバリエーション(クリアパーツなどが新規!)に加え、

完全新規のメカトロチャンクが展示されていました。

チャンクはレジンキット版からダウングレードされることなく、

かつ値段も抑えた仕様となっていて、年末の発売が楽しみです。

 

業者日なのにユーザーの作品展示も積極的なハセガワさん。

抽選で選ばれた参加者が統一フォーマットのベースの中で

メカトロウィーゴなどの作品をずらりと並べていました。

ハセガワさんの「クリエイターワークス」シリーズらしい展示です。

 

版権プラモデルからは本命のクラッシャージョウ。

1/72 ファイター1が発売されます。

近年、クラッシャージョウ関連アイテムが発売されていたので、

プラキットは待っていた方も多いんではないでしょうか。

 

ウェーブさん。

まさかのノイスポッターとクラッフェンフォーゲル。

近年からMa.Kにハマった方にも入手のチャンスがやってきました!

 

PVC製の美少女素体が流行な昨今、ウェーブさんはというと・・・

まさかのプラキットで美少女素体!フィギュアの芯にそのまま使えそう?

 

アオシマさん。

どこかで見たような形状のハンドピースが付属する充電式携帯コンプレッサー。

海外ですでに発売されている商品の輸入販売ということですが、

エア缶も必要なく、場所もとらないので、結構革命的アイテムになるかも?

 

GSIクレオスさん。

ついにクレオスさんから肌色の新色が発売されるそうです。

ライトフレッシュ系や褐色のベース色やオーバーコート色が発売です。

 

マックスファクトリーさん。

ついにようやくダグラムのガンナー系が完全新規で発売されます!

ブリザードガンナーからスタートなので、ファンは買って支えましょう!

 

1/20のプラマックスからは往年のヒロインが。

ロードス島戦記よりディードリットが展示されていました。

金髪エルフのイメージはこのキャラで固定された人も多かったと思います。

 

グッドスマイルカンパニーさん。

どこかのメーカーさんがきっとやってくれると心から期待していました

プラキット「シンカリオン」はグッスマさんからリリースされます。

まずはE5はやぶさが。次いでE6こまち、E7かがやきがラインナップ。

 

劇中の捕縛フィールドをイメージしたディスプレイで展示されていました。

リンク合体も再現できるようですので、3体揃えて損はないかと思います。

また、はやぶさをH5仕様に改造するのも面白そうです。

 

簡単ですが、全日本ホビーショー2018のレポートでした。

発売決定しているアイテムはご予約を受け付けられる商品も多いので、

お気軽にお問い合わせください。

プリキュア映画を観て下さい

投稿日: カテゴリー 徒然

こんにちは、近頃何やら祝日が重なって三連休なるものが多い気がしますが、朝電車で会社に向かう時に「あ、休日ダイヤだ……」となる瞬間が私にとっての祝日です。

それはいいとして、今日からプリティストアの方でハロウィングッズの販売が開始されるみたいです。残念ながら私は本日も出勤なので行けるとしたら終わってからになるのですが、最低でもえみるちゃんグッズが欲しいです。

先生……えみるちゃんグッズが欲しいです。

「いや買えよ」と言われそうな台詞をぶつけられそうですが、とりあえずはそんな気持ちです。ただバラ売りグッズはともかく、ランダム封入の種類が男性キャラ合わせて全十種類はつらい(真顔)。せめてプリキュア勢と分けて頂ければ……という気持ちでいっぱいです。

さてそれは兎も角、少し前に『リズと青い鳥』のBDを予約致しました。台本付きの初回限定盤(?)ですかね。こういう商品を予約する時は基本的に可能な限り高い方を予約した方が良いとおじいさんも言っておりました。嘘です言ってないです。買わない後悔より買う後悔というのは確かに何度か経験がありますが。

これで映画での感動が自宅でも味わえる(何処かで聞いたことのあるような謳い文句)のが今から楽しみです。実際のところ自宅の音響等を考えると同じ感動ではないですが、そこはご愛敬です。

欲を言えばもう一度映画館で楽しみたかったなあ、というところはありますが、そこはグッと堪えました。頑張りました。頑張りましたぞい。

ただまだ観られていない方にもお勧めしたい作品なので、是非是非。

それにしても皆さんはどれくらいの頻度で映画館に足を運ばれるでしょうか。周囲の方では週に一回以上行かれるという方や、一番多い人はほぼ毎日……といえば流石に大袈裟ですが、新しい映画はほとんど全て観に行くという方もいらっしゃいました。

映画は年に数回(その内二回がプリキュア)という自分には到底真似が出来ないです。映画を観終わってロビー(?)に戻った瞬間そのまま別の映画を観る為にスクリーンに戻る人を見るのはその人が初めてでした。シャトルランみたいな感じですね。

映画館は勿論嫌いではないのですが、途中でお手洗いに行きたくなる確率が高いので少し苦手意識があります。朝から殆ど飲み食いしなくても行きたくなります。意識すれば余計に、というのはわかっているのですがどうしてもこればかりは難しいところがありますね……。

ですが、どうしてもプリキュアは上映開始初週には行きたいです。次の映画の前売り券も準備済みです。それくらいにプリキュア映画はお勧めのものが多いです。

なので今回は特にお勧めのプリキュア映画を数作御紹介していこうと思います(唐突)。

『映画 ふたりはプリキュアSplash☆Star チクタク危機一髪!』

タイトルの通り『ふたりはプリキュアSplash☆Star』の映画作品となります。本編を通して観られた方なら良くわかって頂けるとは思うのですが、この映画の見所は主人公である咲と舞が喧嘩っぽいことをしてしまうところですね。

本編ではもう仲良くべったりな二人な(勿論それが良い。とてもすごく良い)のですが、映画ですれ違いが起きて今までに殆ど見たことの無い二人が観られるという貴重な映画になっております。

あと特に注目して観て欲しい場面は後半の変身シーンです。基本的に変身シーンは変身バンクと呼ばれるものを挟んで変身が完了したり、場合によっては一瞬で変身シーンが終わるのが普通ですが、この映画に限っては変身シーンをゆっくりと描いているので過程が楽しめるばかりか、映画内の物語的にも重要なシーンなので涙ぐむこと間違いなしです。是非観て下さい。

あと、OPを歌われているうちやえゆかさんも本人役として出演されているところにも注目です。

『映画 Yes!プリキュア5 鏡の国のミラクル大冒険!』

これまたタイトル通りですが『Yes!プリキュア5』の映画作品です。今まで三十作以上あるプリキュア映画ですが、個人的にその中でもトップレベルに衝撃的な作品だったと思います。

お話としましては鏡の国という敵の居る場所に向かった5人の前にダークプリキュアという彼女たちにそっくりなプリキュアが出てきて、その戦いを描いている内容です。

これは、後の『スマイルプリキュア!』の本編でもスマプリメンバーにそっくりな敵キャラが出てくるのですが、そちらはかなりあっさり目に描かれているのですが、この映画ではかなり濃厚に描かれています。

特に主人公であるのぞみとダークドリームとのお話が凄いです。演出や声優さんの演技も相まって滅茶苦茶に心を揺さぶってくる内容となっております。普通に泣きます。個人的にはこまちさんとダークミントの最後の場面もかなり大好きです。

私はこの映画を観てしばらく放心状態に近い空っぽの頭になってしまいました。兎に角まだ観たことの無い方は是非観て頂きたいです。本編も観たことが無いという方はちょっと長いかもしれませんが本編も!

そういえばこの映画からミラクルライト(映画中に光らせて振ってプリキュアを応援する道具)が出てきたらしいですね。ちなみにですが、これは映画入場の際にはお子様しか貰えないので、大人は売店で買って装備していきましょう。私は後方彼氏面で応援する派なのでライトを買っても振らずに家に飾っておくことが多いです。

『映画 ドキドキ! プリキュア マナ結婚!!? 未来につなぐ希望のドレス』

もし仮に「プリキュアの映画観たいけど、どれ観たらいい?」という質問があった場合、私は自動返信メールのように「ドキプリの映画」と答えることにしております。そう、私はこの映画作品がプリキュアの映画の中で一番好きです。『ドキドキ! プリキュア』の映画作品です。

内容は主人公であるマナの子供時代を中心に『思い出』をテーマに描かれています。なので、どちらかというと大人向けの印象を受ける映画です。実際、私が上映開始直後に観に行った時は親子連れを中心に満員だった訳なのですが、映画の途中でボロボロと泣いている大人の人が暗闇の中でも目につきました。

私の隣の幼女先輩の母親らしき方も普通に泣いてましたし私も泣いてました。ですが、その隣のお子さんは泣いてはいなかったので恐らく『少々物悲しい作品。しかしながらプリキュアが活躍してくれるから良きかな』くらいの印象だったのかもしれません。流石に多分それは人によると思うのですが。

さて、この作品をざっくりとジャンルで言うと動物モノです。ただ、私が一番注目して頂きたいのは【本編とリンクしている部分を意図的に出しているところ】です。

基本的にプリキュアの映画はその映画単体で観る事が出来る場合が多いのですが、しかしながらこのドキプリの映画に関しては本編を観ていないとわからない伏線や内容を出すことによって【本編をしっかりと観ている人にドヤ顔させることに成功】しています。私もドヤってました。

なので何を言いたいかというと、とりあえず本編観て下さい。そしてその上で映画を観て頂き、かつ映画の考察サイトにも少し目を通して頂ければこの映画作品の魅力が何倍にもなるのではないかと思います。そして何倍も泣けるようになります。

……という感じでしょうか。まだまだ御紹介したい作品があるので、以前のゲーム紹介と合わせてまた続きを書いていきたいと思います。

この記事を読んだり映画を観たりして「あ、プリキュアって良いなあ」と思った方は是非本編も含めて全て観て下さい。15年分くらい観れば大丈夫ですから(ゲス顔スマイル)。

「ガールズ アンド パンツァー総集編」?

投稿日: カテゴリー 徒然

先日TOHOシネマズに「ガールズ アンド パンツァー総集編」を観に行ってきました、しかもMX4Dとやらで。

「ガールズ アンド パンツァー」の劇場版と最終章の第1話は映画館で観た私ですがTVアニメとOVAは全く観ておりません。なので本編に関しましては劇場版のオープニングで語られた本編のあらすじ程度の知識しかありませんでした。

そのため観た後に気づいたのですが、これって恐らくすでにBDやDVDで発売されている上の写真の総集編と同内容のものを映画館で上映しているんですかね?それでパンフレットがすごく薄いんでしょうか?まぁ本編観ていない私にとってはすべて新規映像みたいなものなのであまり関係ありませんが・・・。

映画の内容自体は今さらだと思うので置いておくとして、MX4Dやばいですね。すでに1度シン・ゴジラの時に体験はしていたのですが、今回は戦車戦メインの映画なだけに戦車が動くたびにガンガン椅子は動くし、砲撃のたびにガッコンガッコン揺れるし、足元もピシピシ叩かれまくるしもう落ち着く暇もないくらいです、これがシン・ゴジラの映画だったら「まずはお前が落ち着け」とか言われること請け合いです。

落ち着いて観たい人には向いていませんがアトラクション風に映画を観たいならオススメです、膝上にあふれかけの飲み物を置いて映画を観ればイニシャルD的なドキドキも楽しめるかもしれません、ただ映画代プラス1200円は私にすればかなりの痛手ですが・・・。

そんなこんなで結構映画も満喫した私ですが、最大の楽しみはこれからです!入場者特典として渡されたこのフィルムが今回の映画の目玉です!!

過去入場者特典として数々のフィルムをいただいた私ですがいわゆる”当たり”を引けたことはほとんどありません。ただ何度も言いますが本編は観ていないので好きなキャラと言われても特にはいないので主要キャラのアップとかを狙っておりました。

結果・・・

そど子?主要キャラ?確かに最初のほうから出演していたみたいですしカモさんチームとして戦車にも載っていましたが・・・う~~ん、微妙です。でもまぁ(たぶん)主要キャラのアップだったのでとりあえず良しとしておきます。

そうそう、総集編を観てガルパンの魅力に遅ればせながら気づいてしまいましたなのでとうとう本編をちゃんと見ようとTSUTAYAにTVシリーズを借りに走ってしまいました、

本当はBD買いたかったのですが、今手持ちがないのでとりあえずレンタルで我慢することにします、最終章の2話めは来年みたいなのでそれまではTVシリーズでも観ておくことにします。

 

 

全日本ホビーショー2018 バンダイ編

投稿日: カテゴリー 徒然

先日東京ビッグサイトで開催された全日本ホビーショーで展示されていた

バンダイホビー事業部さんの新商品のご紹介です。

 

まずはガンプラ。

ここにきて宇宙世紀アイテムが充実です。

「ガンダムZZ」からはR・ジャジャにガズL/R。

さらに待望の「Zガンダム」よりディジェがHGUCで発売されるとのこと。

 

「ガンダム」のマスコット的なメカでおなじみのハロが

ハイディテール仕様で発売されます。

大河原邦男氏によって描き起こされた内部フレームを再現した

メカニカル表現を楽しむプラモデルのようです。

ソリッドグリーンに加え、クリア成型された外装が付属します。

このほかダイアクロンを意識したようなガンダムやハロも展示されていました。

 

TV放送がいいところで終わってしまったフルメタル・パニックIV。

後半(というより最終決戦)主人公機のレーバテインはアオシマさんやコトブキヤさんに続き、バンダイさんからも発売されます。細かく色分けされていて、塗装しなくても十分そうな雰囲気です。

緊急展開ブースターも参考出品として展示されていました。

 

ダイナミック企画さんのプラモデルも新商品が発売されます。

劇場版が好評だったマジンガーZより、同フォーマットのグレンダイザーが!

これは期待大!でも、スペイザーとかどうするんでしょうか・・・。

ちょっと千値練さんぽい雰囲気でてますね。好きです。

 

ガンダムシリーズが好評のSDCS(エスディークロスシルエット)。

マジンガーZとグレートマジンガーが発売されます。

手足めっちゃブルーなので、色替えで黒版とかも出そう?

プレーンなデフォルメでマジンカイザーとか真ゲッター1が欲しいよ!

 

そして発表日がコトブキヤさんとほぼ重なってしまったULTRAMAN。

マンは原作で登場したばかりのBタイプスーツから発売されます。

成型色にエクストラフィニッシュが施されているので、

塗装しなくてもほぼイメージ通りにレッドとシルバーが再現されていました。

また早くもセブンスーツを投入してきたのでシリーズ化に期待です。

そのためにもまずはULTRAMAN「B TYPE」を買って応援したいところです。

 

ホビーショーレポート最後はハセガワさんやアオシマさんをご紹介する予定です。

投稿日: カテゴリー 徒然

世間では三連休みたいですね~

関西の方では天気も良くなって行楽日和ではないでしょうか。色々とイベントなどもあって、ほんと出かけたい気分です。

そんなわけではありますが、悲しいかな仕事の日々は続きます。

知る人ぞ知る、あのキットを急ピッチで製作中~

リアル系は非常に苦手なのでどうなることやらですが、頑張って完成させます。

 

ゲーム紹介(スーパーファミコン編)

投稿日: カテゴリー 徒然

こんにちは、気が付けば十月になっておりました。そろそろ普通に『秋』と称しても良いくらいの涼しい(少し肌寒い)季節となってきたような気がします。

そういえば今月にはハロウィンという行事があるそうですね。あまり詳しくはないのですが、何やら仮装をして楽しむイベントらしいです。年中行事に殆ど関わりが無い私と致しましては、ハロウィンは可愛らしい仮装をした……そう、

可愛らしい仮装をしたキャラがガチャで登場するのが唯一の関わりと言ったところでしょうか。

あと私がハロウィンと聞いて真っ先に思い出すのは『キルミーベイベー』なのですが、皆様は如何でしょうか。『キルミーベイベー』面白いので是非漫画を読んでアニメも観た後にラジオを聴いてアニメのオーディオコメンタリーも聴いて下さいね。

さてそれは兎も角。以前にファミコンゲームの御紹介をさせていただいたことが二回ほどあると思うのですが、今回はその続きです。今回からは数回ほど実際に私がプレイした【スーパーファミコン】のおすすめソフトを御紹介させて頂きたいと思います。

いや違いますよ。決してブログのネタが思い付かないから御紹介する訳ではないですからね。これで数日分は安泰でウルトラハッピーとか思ってませんからね。違いますよ全然違いますよ。

はい、という訳で真相を追求する時間を与えない為にも早速始めていきたいと思います。

『アクトレイザー』

ゲームミュージックの動画を良く観られるような方は御存知ではないでしょうか。まだ子供時代の私はこのゲームがかなり難しいとは知らずに「家にあったから」なんていうとてつもなくそれっぽく当たり前の理由でプレイ致しました。

このゲームの大まかな流れは主人公(神)が地上の土地や人を管理しつつ、ダンジョンに潜っていくシミュレーションとアクションを混ぜたようなゲームシステムとなっております。

端的に言うと難しいです。特にアクションが。何となく突っ込んでいいのかどうかわからないのですが、神は戦士の像に乗り移り、自分の足で歩き敵を倒しながら進みます。徒歩です。しかも割と脆いです。どうしてそうなってしまったのか。

しかしながら、敵の出現パターンや攻撃パターンを覚えながら徐々に進めていけるくらいの難易度ではあるので理不尽だ、というほどではないのが上手い作りだと思います。あと何といってもBGMが素晴らしいです。作曲の古代祐三さんの名前は御存知の方も多いことでしょう。

といった感じです。もしアクションに自信のある方は是非プレイしてみて下さい。

『ファイナルファイト2』

アニメ『ハイスコアガール』にも出てきたゲームシリーズになります。横スクロールで出現する敵を倒しつつエリアを進んでいくシステムとなっております。

私は1よりも2をたくさんプレイしたので、思い入れはこちらの方があります。隠しコマンドを入れると二人プレイが出来るのでしたっけどうでしたっけ。あんまり覚えていないうえに一人でしかプレイしていなかったので覚えてないです。

難易度は普通くらいです。何度かプレイしてコツを掴めば全クリは可能です。キャラも個性があるので自分にあったキャラを使えば良いと思います。私はカルロス宮本を好んで使っておりました。ちなみにその名前はこの記事を書いている時に調べて「そんな名前だったっけ……」ってなりました。

皆さんは是非一緒にプレイしてくれる誰かとやってみて下さい。私は無理でした。

『テイルズ オブ ファンタジア(TALES OF PHANTASIA)』

有名な『テイルズ』シリーズの一つ。人気が非常に高く、何度もリメイクがされている作品です。PS版でこの作品を知って初めてプレイした、という方も多いのではないでしょうか。私は幸運なことにSFC版をプレイして、PS版もプレイする子供時代を過ごすことが出来ました。

というか正直この作品をプレイしてオタクが開花したといっても過言ではないくらいに私のオタク人生に多大なる影響を与えております。特にPS版発売後はドラマCDや小説などを買い漁り、どっぷりとその世界に浸っておりました。特に大好きなのは最初の村を救う為に奮闘する小説(があったと思うのですが)それが大好きです。

この作品はPS版以降で主題歌やキャラの声優さんが変更されたりゲームシステムも若干変更されたりしているので御自身の好きなハードでプレイして頂ければと思います。確かPSP版ではフルボイスバージョンも発売されています。

あとこれはどうでも良いお話だと思いますが、私はアーチェが大好きです。すずちゃんも好きですがアーチェが大好きです。かないみかさんのボイスに脳がドロッドロに溶けてしまいました。呪文名とかもちょっと舌っ足らずな感じが良いんですよね。彼女のお話は小説版やGBのなりきりダンジョン等でも語られているので是非。いやもう本当やって下さい。

ゲームも面白いですし、ストーリーも良いのでイチオシです。主題歌も未だにプレーヤーに入れて聴いてます。

……といった感じです。今回は三作品と少なめでしたが、次はもう少し多めに御紹介出来ればと思います。別に紹介数を少なくして記事数を多くしようとかそういうのじゃないですからね。違いますよ全然違いますよ。

では、また。一年くらいゲームする時間が欲しいです。

プーはいなくても大人になった僕

投稿日: カテゴリー 徒然

映画『プーと大人になった僕』を観に行ってきました。

アニメとかの実写映画化ってあまり好みではないのですが、るろ剣とか銀魂とか最近評判の良い実写化が多くなっており観る機会が増えるようになりました。

そしてプーさんと言えば私の中でディズニーキャラクターの中で2番目ぐらいに好きなキャラなのです。昔、東京ディズニーランドのアトラクション「プーさんのハニーハント」で年甲斐もなくはしゃいだことが思い起こされます。

ストーリー的にはオーソドックスなお話だと思うのですが、個人的には思いのほかプーさんにアニメと比べて違和感がなかったので良かったです。

何より素朴な感じのプーさんが可愛いです、最近ブログで可愛いばっかり言っている気もしますが可愛いものは可愛いのです。

もちろんプーさん以外の主要キャラも登場していい味出してます。臆病なピグレットや陽気なティガーにネガティブなイーヨなど、昔見ていたアニメのプーさんがそのまま実写化という感じでした。そしてクリストファー・ロビンも・・・・・・・・・まぁクリストファーは別にいいか、正直あんまり覚えていませんハッピーエンドでよかったなぐらいです、クリストファー・ロビン ファンの方ゴメンナサイ。

パンフレットに映画の中の私のお気に入りのワンシーンのプーさんがあったのアップしておきます、本当は横にクリストファー・ロビンがいるのですがカットしました、クリストファー・ロビン ファンの方、本当にゴメンナサイ。

 

そういえばディズニーキャラの中でプーさんがを2番目に好きなキャラと書きましたが1番好きなキャラ「ダンボー」なのです、もちろん”よつばと”に出てくるお金で動くダンボーではなく象のほうの「ダンボー」です、幼いころに家に「ダンボー」の絵本があってずっと読んでいたのでその影響なのですが、『プーと大人になった僕』の予告で「ダンボー」が公開予定となっていたので、また一つ実写映画を観に行くことになりそうです。

 

全日本ホビーショー2018 コトブキヤ編

投稿日: カテゴリー 徒然

先日東京ビッグサイトで開催されました全日本ホビーショーの様子を簡単にピックアップします。

本日はコトブキヤさん。

フレームアームズ・ガールやヘキサギア、メガミデバイスなどオリジナルコンテンツが絶好調なので、より世界感が広がるアイテムが多数、展示されていました。

スプラトゥーンみたいに遊べそうな水鉄砲。美少女プラモも素体が水着っぽいので、相性が良さそうです。

 

和系メガミデバイス朱羅(アスラ)に最適な?危なっかしい刃物はボリューム抜群。組み替えて羽っぽくも。

魔法陣的なターレット的なストレンジな六角形プレート。彩色すれば美少女プラモの露出をコントロールするのにも役立ちそう?

他にもヘキサギアのごついラスボス的なメカや、MSGギガンティックアームズのごつい新メカや、フレームアームズのごついバリエーション機もありましたが、人が多すぎて写真は撮れず‥。ごついメカはいつも人気です。あと美少女プラモの新作も‥。

 

オリジナルコンテンツだけでなく、版権アイテムも多数発表されていました。

ボーダーブレイクの新作に合わせた新規メカ。早くカラフルな色付きが見たい!

 

エースコンバットに参戦するコトブキヤさんはユーザーの声に応えて彩色済みプラモ(左)と未塗装プラモ(右)の2種が発売されるフレンドリーさ。

 

個人的に楽しみなULTRAMAN。他メーカーからも発売されますが、こちらは恐らくAタイプのスーツなので、アニメに合わせて楽しみたいところです。

この他、満を持して勇者シリーズの展示がありましたが、パブリックデーで発表された通りでした。この勇者シリーズの企画、かなり力の入った仕様になっているのを聞かせていただきました。ファンはお財布の許す限りついていきましょう!