『SCARLET NEXUS』(スカーレットネクサス)体験版・プレイ感想

投稿日: カテゴリー 徒然

こんばんは、最近やりたいゲームが多過ぎてウマ娘の育成がままならない状態になっております。次の対人イベントは流石にヤバそうです。

さてそれは兎も角、今回は今月24日発売予定(STEAM版は25日)のゲームソフトの体験版をプレイさせて頂きましたので、そちらの感想を書かせて頂きたいと思います。

『SCARLET NEXUS』(スカーレットネクサス)

実はこちらのゲーム作品の存在を知ったのは今月に入ってからなのですが、他の方のプレイ感想を見てPS4で体験版をプレイしてみた次第で御座います。

かなり面白かったので製品版も予約したので発売日が待ち遠しいです。また、来月の1日からアニメも放送・配信予定なのでかなり推されている作品だと思います。

ジャンルは【ブレインパンク・アクションRPG】です。ブレインパンクとは……と思われる方がいらっしゃるとは思いますが、大丈夫です私もわかりません。わかりませんが、ゲームをプレイすれば「なるほど」と感じると思います。

さて体験版では二人の主人公から片方を選んでゲームを開始することになります。二人はそれぞれ使用する武器が違っていたり、同行する仲間が違っていたりと割と違う仕様になっております。進行の都合もあってか、途中途中の台詞などは似たようなものになっておりますが。

しかも体験版で難易度が選べるという親切設計です。難易度が選べるので決して心折設計ではありません。勿論私はハードを選択しました。

オプションから色々と設定することも出来ます。ゲーム好きにとって細かいカスタマイズが出来るのは本当に嬉しいです。ジャンプボタンを×にした場合、特にダッシュや回避ボタンは個人的にL2かL3にしておきたい性で御座います。

ゲームを開始すると例に漏れずチュートリアルから開始です。色々なボタンを使用するゲームなので、ここで自分なりにボタン設定をしておくと良いかもしれません。

ちなみに主人公は怪異討伐軍の新入隊員という設定になっております。それぞれに性格も違うのでその違いもまた面白かったです。

さてこのゲームの特徴というか特色としましては、超能力を使ったバトルですね。超能力に設定したボタンを長押しすると近くのオブジェクトを持ち上げ、ターゲット中の敵にぶつけます。キャラクターが持っている武器で物理攻撃をしながら超能力も交えて敵を倒す、というのが基本的な流れになります。

超能力を使用するにはゲージを消費する必要があり、物理攻撃を当てたりするとゲージが増加するのでずっと超能力オンリーという訳にはいきません。ゲージ残量に気を付けながら上手にコンボを決めましょう。

スキルもこのようにある程度自分の好きなように成長させることが出来るのも良いですね。

ストーリーの途中に挟まれる会話やTIPSのような内容も長過ぎず短過ぎず良い塩梅だと感じました。個人的にストーリーやムービーが長いとだれてしまうので嬉しかったですね。

さて同行してくれる味方も当然ではありますが能力を保有しております。そしてその能力を一時的に借りてバトルや探索をすることが出来るのがSASというシステムです。

発火や感電能力を借りて敵に状態異常を付与したり、自分の動きを高速化したり自分の姿を消したり、逆に姿を消す敵の姿を見る事が出来たり……等々色々とあるのでその都度最善と思う能力を使っていくことになります。

能力は借りるとゲージが段々と無くなっていくのですが、回復はそこまで遅くないのでガンガンに使っていくのが良いと思います。というか使わないと厳しい戦いもあります。

ある程度慣れは必要ですが、それらを使いこなしていくとかなりスピード感のあるバトルが可能です。また、敵をダウン(?)させるとトドメ演出を観る事が出来て一撃必殺になるので、これは積極的に狙っていくのが良いと思います。

また脳駆動という技も存在するので更にスピード感溢れるバトルになります。逆に通常攻撃ばかり使っていると敵にダメージを与え辛いばかりか被弾率も上がるので色々な要素を全て使っていくことが楽しむコツになると思います。

ただ回避ゲーム大好きな私としましては、回避性能は少し微妙だったような気がします。というのも攻撃途中にキャンセルして回避するには若干のラグがあるのかそもそもキャンセルが無いのか(もしくは今後のスキルによって可能になるのか)わかりませんが、ジャスト回避もシステムに含まれているにしては回避が使い辛い印象でした。

逆に言うと個人的に引っかかったのはそこくらいですね。カメラ視点もキャラ追随にするかどうかである程度変えられますし、モーションブラーというかカメラの余韻もオンオフ選べますしUIに関しても満足です。

体験版の最後はボスと戦闘になります。超能力などを駆使した戦いをすればそこまで苦戦することは無いと思います。

また、片方をクリアしたらもう一人の主人公も是非プレイして頂ければと思います。個人的にはユイトの方が若干使いやすいですが、恐らく製品版ではとりあえずカサネを主人公にすると思います。性格が大好きです。

 

 

……という感じですね。もし気になった方は是非体験版をプレイしてみて下さい。それからアニメもチェックしてみて頂ければと思います。

それでは今回はこの辺で。また次回お会い致しましょう~。

『スーパーボンバーマンR オンライン』プレイ感想

投稿日: カテゴリー 徒然

こんばんは、雨が続いております今日此の頃、如何お過ごしでしょうか。

雨ばかりだと洗濯物が乾きづらいので嫌ですね。あと体調が若干悪くなるので晴れて欲しいものです。

さてそれは兎も角、今回はウマの話題ではなく別ゲーの話題になります。

『スーパーボンバーマンR オンライン』

現在かなり人気を博しております基本無料オンラインゲームです。最大64人までの対戦が行えます。

以前にはマリオの大人数のオンライン対戦(通称マリオ35)なんてものも期間限定であったので、現在はやはりバトルロワイヤル物が人気になる傾向にあるのでしょうか。

私も『スーパーボンバーマンR オンライン』に関しては配信されているのは知っていたのですが、私は絶賛ダンジョンに潜って魔物を倒す人間になっていたので特にやる予定はありませんでした。

ただ、いつもの如く友人に誘われてそれなら……と少しだけプレイ致しました。感想としましてはなかなかに面白いです。

私が最後にプレイしたのが『スーパーボンバーマン3』なのですが、この時と操作方法は殆ど変更が無かったのですぐに慣れることが出来ました。操作ボタンも自分好みにカスタマイズ出来ます。

多分、ボンバーマンをプレイした事が無い方も少しプレイすれば操作方法やルールなども覚えられると思います。それくらいにシンプルな操作感なので誰でも楽しめます。

さて内容に関してですが、64人対戦といっても一つの画面に64人がひしめき合っている訳では無く、幾つかに分かれたエリア内(最大16エリア?)の人数とバトルをして、制限時間が過ぎればエリア移動の時間になります。これもバトロワ系のゲーム作品には良くあるやつですね。

移動時間を過ぎても危険エリア内に残っているとブロックに潰されてしまうので自分の居るエリアを確認することが大事だと思います。

それを何度か繰り返していって最後の一人になるまで戦い続けます。この辺りになるといつものボンバーマンと同じような感覚になっていますね。

一人ライフは最初から二つあり(最大ライフ数も2)、他のプレイヤーがライフを失って倒れるとライフやアイテムパネルを落とします。これを回収しながらなるべく被弾を減らすことが勝利に繋がると思います。

私も何度かやっていると1位を取れました。今のところは他のプレイヤーの人も慣れていないから自爆も多いのだと思います。知らない間に人数がモリモリ減っているというスピード感のあるバトロワ物ですね。

また、キャラクターによって性能差があるのでこちらは良く考えて選ばれた方が良いと思います。最初からアイテムを所持していたり火力などが高いものの、一部のアイテムが使用出来ないなど、色々とあります。詳しくはwiki等を御覧下さい。

最終的には好みですが、色違いのボンバーマン八兄弟の中からだけで考えると白か黄ボンがお勧めですね。何せ最終局面でパンチ(最重要)やキック(欲を言えばパワーグローブ)を持っていなければ、というよりも使用出来なければ圧倒的に不利なので全てが使えるキャラクターが良いと思います。

だからといって最初から全ての補助アイテムを持っている緑ボンですが、ボム数も火力もスピードも成長しないので、あまりお勧めは出来ません。実際使いましたが最終局面で攻めに転じられないので辛かったです。あとキックしか使えないピンクも滅茶苦茶辛いです。

それから色々な作品のキャラクターは特殊能力を持っていたりしますが、そちらはまだ私も使ったことが無いので詳しくは他の方のプレイ動画や御自身でプレイされて頂ければと思います。他にも懐かしのルーイも登場するようですがまだ取れたことがないので出現率は低めに設定されているのかもしれません。

色々言葉を並べましたが、何せ実際にプレイして頂いた方がわかりやすので是非ダウンロードして下さいませ。

PS4、PS5、XBOX、Steam、Switchのいずれでもプレイ出来、尚且つクロスプレイも可能なのでプラットフォームに関しての自由度がかなり高いのも嬉しいですね。

 

 

……という感じですね。プレイ自体はかなりお手軽なので、私もまた何処かのタイミングでプレイしようと思います。

それでは今回はこの辺で。また次回お会い致しましょう~。

ウマのイベントとかいろいろ

投稿日: カテゴリー 徒然

こんばんは、治療中の歯が滅茶苦茶痛いです、対戦宜しくお願い致します(近況)

さて本日からウマ娘のイベントが始まりましたが、皆様はもうイベント回しはされておりますでしょうか、と自然な流れで今回もウマの話になります。

私は現在進行形でこちらのブログを書いたり、まだ残っている仕事を片付けてからになりますのでもう暫く先になりそうです。イベントをしたくてしたくて震えております。

しかも新ガチャが更新されましたが、皆様はもう引かれましたでしょうか。ガチャバクシンオーになってしまった方はまた次回頑張りましょう。私は今回もとりあえずは見送ろうと思います。バクシンオー大好きです。

そういえば、例のアレが届きました。

そう、ウマ箱2です。ジャケットが最高ですね。美しいです。本当に美しいです。

そしてこのジャケットのイラストを使用したSSRが使用出来るシリアルコードも今回の特典として御座います。早速コードを入力しようとしたところ、PC版かGooglePlayでしかシリアルコードが入力出来ないようだったので(多分ですが)PC版で入力しました。連動していて良かったPC版。

そして無事に女神像なども獲得しまして、嬉しいのですが未解放のウマ娘のピースも交換できるようになりませんかね……? 女神像は結構あるのですが、如何せん引きが弱いせいで手に入れていないウマ娘が結構居ます。まあそうしたらウマガチャの意味が薄くなってしまいそうですが……。

それは兎も角実際に今回の特典のSSRを手に入れて性能を確認しましたが、はっきり言って強くは無いです。あくまでおまけの範疇ですね。ただ、サポートカードの一覧にこのカードが並んでいるのを見られるだけで私は大満足です。

あとレジェンドレースもありましたね。ただ前回のタウラス杯等で経験を積んだ方にはそこまで厳しいものでは無かったとは思います。

ただ一着になって勝ってもサポートポイントばかり渡されてピースをあげませんされたので、個人的に勝つ意味を考え始めるレジェンドレースでもありました。これも引き弱の運命です。

そして今度は長距離の対人レースもあるようですが、次回こそはすぐに負けそうな気がします。ただ出来る限りの育成はしていきたいと思っております。

 

……という感じですね。色々盛り沢山ではありますが、とりあえず推しのウマ娘の実装までに天井分の石を貯めたい所存です。

それでは今回はこの辺で。また次回お会い致しましょう~。

先日のタウラス杯

投稿日: カテゴリー 徒然

こんばんは、雨ばかりの今日此の頃、皆様如何お過ごしでしょうか。

私は相も変わらず空いた時間はウマ娘をしたり積んでいるゲームを消化したりしております。

さて、先日ウマ娘の対人イベントが開催されました。その名もタウラス杯。想像していたよりも厳しいイベントでかなりげんなりした方も多いのではないでしょうか。

私もレース用のウマ娘をあまり育成していなかったのでなかなかに不安なイベントでした。忙しい時期だったのもあり(育成も一日一回が限界くらい)、ルール説明もざっとだけしか読んでおらずふわふわとした参加と相成りました。

なので、まあとりあえず予選だけでも突破して石が貰えたら嬉しいなあ、くらいの感じでした。

それにしても作り込みが凄かったですね。

特にこの新聞風で各プレイヤーのウマ娘の紹介が良かったですね。本当の競馬新聞っぽい(?)感じが素晴らしいですね。

という訳でBのウマ娘が三人も居なかったのでグレートリーグに参加しました。メンバーはこんな感じです。

逃げマックイーン、先行ルドルフ、追い込みゴルシという感じです。差しルドルフも使ってみたのですが、自分の育成した差しルドルフでは追いつけなかったので先行にしました。

さて、予選は特に問題なく突破出来たので次で落ちるだろうと思っていたのですが二勝して何とかBグループへ進めました。三勝すればAグループだったので色々と試してみたのですが二勝が限界でしたね……。

突貫で流行りのデバフネイチャを作成してみたりしましたが、正直育成大成功という感じではなかったのと、対戦相手との力量差が凄かったのであまり効果が無かった印象でした。

最後決勝のBグループだったのですが、この辺りも忙しかったのと別ゲーにドハマリしていたのもありルールをほぼ読んでおりませんでした。何とかエントリーだけして石が貰えたら良いなあという感じでした。そう、すみませんが私は今イベントはずっとこんな感じだったのです。

しかしながらマッチング相性が良かったのか一発勝負に勝てまして無事に称号も頂けました。有り難い限りです。Aグループだとまず勝てなかったと思うので、結果的にBグループで良かったです。

本当に石がかなり美味しいです。称号も嬉しいです。頂いたガチャチケットの結果は察して下さい。

 

……という感じですね。人によっては今回のイベントは辛かったかもしれませんが、私個人としましてはすぐ負けるだろうと思っていたのでかなり良い結果になったので大満足でした。

現在レジェンドレースが開催中なので、そちらも楽しんで参加したいと思っております。

それでは今回はこの辺で。また次回お会い致しましょう~。

今月のフリープレイは

投稿日: カテゴリー 徒然

こんばんは、今回は毎月恒例のフリープレイの御紹介をさせて頂きたいと思います。

ただ今回はまだどれも未プレイなので、「あ、これがフリープレイになったんだ」くらいに思って頂けると幸いです。

『バトルフィールドⅤ』

良く名前を聞くシリーズだと思います。ただ、私自身何となくやる機会が無くて今に至っております。

FPSをやる習慣が無かったので、誰かに誘われたりなどした時以外FPSはゾンビを撃つゲームくらいしかやっておりません。

それは置いておいて、今回は2018年の後半に発売されたゲームソフトのフリープレイになります。こういうゲーム作品はオンラインが主になるのですが、フリープレイが提供されてからはしばらく盛り上がるので興味のある方は是非今の内にプレイして頂ければと思います。

どうやら最大64人までのオンライン対戦もあるようです。ようです、という辺りから私の知識の無さが露見しておりますが御勘弁頂ければと思います。私もちょっと時間が空けばやってみたいです。

『コーヒートーク』

ファンタジー世界の喫茶店を舞台にしたアドベンチャー作品です。エルフや宇宙人など様々な種族が登場するようです。

パッケージからも落ち着いた雰囲気が漂っておりますので、そういったアドベンチャーがお好きな方は是非プレイして頂ければと思います。

『Wreckfest(レックフェスト)』

※こちらの作品はPS5用のフリープレイになります。PS4版はフリープレイではありません。

追突などに重きを置いたレースゲーム作品です。レースゲーム系の作品もあまりやらないのですが、イメージ的にはゲームセンターにあったスリルドライブのレース版みたいなものでしょうか。

カスタマイズなども充実しているようなので、カーレースが好きな方でPS5をお持ちの方、もしくは普通にPS4版で購入して頂いて是非プレイして頂ければと思います。

 

 

……という感じですね。毎月恒例の記事とはいえ、ここまで書いておいてなんですが、どれもプレイしていないゲーム作品の御紹介はかなり難しいですね。

なので、皆様は是非御自身の目で確かめて下さい、と某攻略本のような言葉を最後に添えておきたいと思います。

ちなみに提供期間は2021年5月6日(木)~5月31日(月)なので御注意下さいませ。

それでは今回はこの辺で。また次回お会い致しましょう~。

ウマ雑記

投稿日: カテゴリー 徒然

こんにちは、皆様GWは如何でしたでしょうか。

GW中もお仕事だった方もいらっしゃいますでしょうが、お休みの方はリフレッシュ出来たのではないでしょうか。

私もゲームばっかりしていたような気がします。それなのに何一つクリア出来なかったので、恐らく私は集中力が無いのだと思います。ちなみにアトリエに対する熱意が再燃しましたので、またクリアしましたら感想等を書かせて頂きたいと思います。

さて、それは一先ず置いておいて。

またもやウマ娘のガチャが更新されましたが、今回は引かないという強い意志で我慢しようと思います。前回は不幸にも疲れからかサポートを天井まで回してしまったので少し自制致します。

あと今月の後半(26日)には『ウマ娘 プリティーダービー Season 2』の円盤である『ウマ箱2』一巻が発売になります。勿論全巻予約済みなので、あとは届くのを楽しみに待つだけで御座います。

特典としましては女神像500個や、表紙イラストの完凸済みサポートカード(特典に関しては私はこちらが目当てです)、それに全巻購入特典の★3引換券のシリアルコードなどがあります。シリアルコードは恐らく全巻のシリアルコードが揃った段階で応募する感じですかね。ちょっとやったことが無いのでわかりませんが……。

コレクション要素の面も大きいですが、普通にアニメの出来が良かったので、それを好きな時に観られるのは嬉しい限りです。

また、店舗特典なども色々あるみたいなので、皆様の好みの場所で御予約して頂ければと思います。もしかしたら予約が終わっている店舗もあるかもなので欲しい方はお早めに。

 

……という感じですね。来週は何か進展があれば別のゲームの話題でもしていこうと思います。無ければウマか他の何かです。

それでは今回はこの辺で。また次回お会い致しましょう~。

ウマ娘日記 レジェンドレース その2

投稿日: カテゴリー 徒然

こんばんは、気が付けば四月もあと一週間で終わりの今日此の頃、皆様如何お過ごしでしょうか。

さて今回も前回に引き続き『ウマ娘』のお話をさせて頂きます。というかもう自由に使える時間はこれ以外に何もしていないので勘弁して下さい。

絶賛レジェンドレースが開催中です。前回から一週間経ってしまったのでタイキシャトルのお話は出来ませんでしたが、正直そこまで対策しなくても大丈夫だったような気がします。

私も前回のバクシンオーを使って特に問題なく勝てました。やっぱりあれですね、囲まれる確率が少ない逃げは安定しますね。

という訳で本日(24日の4:59)までではありますが、現在サクラバクシンオーとのレジェンドレースが開催中です。

正直一番恐ろしさを感じておりました。もうこの画面だけで可愛さと威圧感と可愛さを感じます。ああ、恐ろしい。

コース・レース情報と対戦相手のバクシンオーのステータスがこちらです。ちなみに作戦は先行でした。レース中盤に後ろの方にいると加速力がわずかに上がる『まき直し』や短距離レースに限りレース中盤に大きく差をつけ先頭だとリードを保ちやすい『圧倒的リード』など、若干スキルが喧嘩しているような構成ですが、逆を言えば色々な状況に対応してくるということかもしれません。いや、この際わかりませんが。

ちなみに今回私がレースで使用したのはこちらのマルゼンスキーさんです。前回のバクシンオーと似たような感じですが、その時よりもスタミナに重きを置いております。というよりも何とか戦えそうなキャラクターがこちらぐらいだったので選んだ次第です。

スピードカンストは標準装備として、1200mですがスタミナもCありますし個人的に大好きな根幹距離を○で積んでおります。確定の情報は出ているかわかりませんが、噂によると400mの倍数のレースでスタミナが○で1.4倍、◎で1.6倍だとか。

正直本当なのかどうかわかりませんが(+40、+60だとも言われていたり……)育成中、体感的にこれを積んでいる時と積んでいない時では勝率が変わってくるのでなかなかに強力なのではないかと個人的に思っております。非根幹距離と合わせて積みたいものですね。

あとはスピードアップのスキルや逃げには是非欲しい集中力(何故かコンセントレーションでは無い甘え)、それから徹底マークも積みました。1番人気のウマ娘と作戦が同じだと能力を少し発揮しやすいというスキルですが、何故か自分が一番人気の時でも発動するので(仕様かもしれませんが)根性面のカバーが出来ます。

特に今回、相手のバクシンオーのステ的に一番人気になれたので取っておいて良かったです。伏兵は完全にポイント余ったから取ってますね、これは。気にしないで下さい。でも伏兵も割と好きな部類のスキルです。

……と色々生意気にも語りましたが、ギリギリの勝利もありました。もっと圧倒的に突き放して勝つ構成もあると思うので、是非そちらを参考にして頂ければと思います。

ステータス的やスキル的にはそうでもないですが、そこはやはりバクシンオーなのでそれ以上の脅威を感じました。何でしょうね、やはり固有スキルが強いんでしょうか。

あと今回思ったのはやはりマルゼンスキーさんは強いですね。逃げにしていればまずほぼ確実に固有スキル発動の条件を満たしてくれるので有り難いです。効果は下がりますが、因子継承で固有スキル継承したいものです。

 

……という感じですね。明日からはカレンチャンとのレジェンドレースが開催されるのでそちらも楽しみです。

それでは今回はこの辺で。また次回お会い致しましょう~。

ウマ娘 レジェンドレース開催中

投稿日: カテゴリー 徒然

こんにちは、早速ですが『ウマ娘』のガチャが更新されましたね。今回はカレンチャンが育成キャラクターとして追加されました。

私は実際の競走馬は知らないのですが、名前の由来が馬主さんの娘さんのお名前から来ているらしいですね。それだけ双方に愛着があるというのが伝わってきますね。

ちなみに私は今回のガチャは引いておりません。というのも前回のテイオーとマックイーンを揃えるのにそれなりの痛手を喰らいました(察してください)ので充電期間で御座います。

もし今回のガチャがまた新衣装のテイオーとマックイーンだったら危なかったかもしれません。というか出るまで回していると思います。つまりは天井ですね(引き弱の定め)。

さてそれから以前にもあったレジェンドレースイベントが始まりましたね。

今回はこの四人(頭)のウマ娘たちです。出走したり着順によってピースが貰えるのですが、才能開花やキャラ開放に必要となるので是非参加しましょう。

どうせなら勝利してプラスでピースを貰いたい、ということですが恐らく皆さん21日からのバクシンオー戦が不安だと思います。私は不安です。

というのも短距離と言えばバクシンオーを使って勝ってきたのですが、その期間は同キャラが使えないので他の短距離キャラを出走させなければなりません。個人的にはマルゼンスキーやタイキシャトル、それから今回のカレンチャンも短距離適性が高いですが、なにぶん☆3なので持っていない人はガチャで引くしかありません。

キングヘイローやハルウララなどもありだと思いますが個人的に特に短距離の差しは他のウマ娘に行く手をブロックされる現象が往々にしてあり危うい印象があります。

実はハルウララは逃げ適正Gでも短距離(マイルもそれなりに)であればかなり強いのでスピード特化で育てるのもありだと思います。

ちなみに私はこのバクシンオー(逃げ育成)で安定して全勝出来ました。ありがたいことです。チーム闘技場のように相手のデバフなども無いのでスタミナもそこまで必要は無いと思います。スタミナ回復は一つ、二つあれば良いかな、という印象です。

今回私は何故か積んでいませんが、コンセントレーションや集中力は積んだ方が良いです。無いなら先手必勝や先駆けは入れておいた方が安定だと思います。

あと対戦相手のキングヘイローが差しなので他のウマ娘にブロックされることもありますが、基本的に抜け出す率の方が高いです。そこまで期待はしない方が良いかもしれません。

と、色々と話しましたが私もそんなに滅茶苦茶構成を考えている人間では無いですし、もっと詳しく解析や解説をしている方は沢山いらっしゃるので、そちらを参考にして頂いた方が間違いなく良いです。ただ私が運良く勝てているだけの可能性も大いにありますので。

 

……という感じですね。何はともあれ勝ち負けに拘り過ぎずにゲームを楽しんでプレイして頂ければ一番良いと思います。

それでは今回はこの辺で。また次回お会い致しましょう~。

今月のフリープレイは

投稿日: カテゴリー 徒然

こんばんは、皆様如何お過ごしでしょうか。私の自由な時間は殆どウマ娘に持って行かれている気がします。いや、面白いですね。

さて今回は毎月恒例のフリープレイ作品の御紹介をしていきたいと思います。

今回は『Days Gone Value Selection』、『Zombie Army 4: Dead War』、PS5版では更に『Oddworld: Soulstorm』がフリープレイ対象作品となっております。

ちなみに『Zombie Army 4: Dead War』と言えば私がフルプライスで購入して(強調)まだ全部クリアしていないソフトですが、こちら(リンク先ゾンビ、グロ表現注意です)で序盤の御紹介をさせて頂いておりますので是非そちらも御興味のある方は御覧下さいませ。

※画像にゾンビやグロ、血の表現がありますので苦手な方は御注意下さいませ。

 

 

 

 

今回御紹介させて頂くのはこちら。

『Days Gone Value Selection』

こちらも言ってみればゾンビゲームです。新作バイオの影響か、今回はゾンビ強化月間なのかもしれませんね。

厳密に言えばこちらの作品ではゾンビでは無くフリーカーと呼ばれる存在なのですが、特徴としましてはゾンビに近いものがあります。

少しプレイした感想ですが、『The Last of Us』や『PsychoBreak 2』、『レッド・デッド・リデンプション・アンデッド・ナイトメア』などにゲームのシステムというか雰囲気が似ているように感じました。なので、それらの作品が好きな方はきっと楽しめると思います。

オープンワールドの性質上、少しロードは長めなので、その間にウマ娘をプレイしておきましょう。

新しくゲームを始めようとするとこの選択が出てきます。ゲームは難しいものが好きですが、ここまで難易度の選択肢があると少し戸惑ってしまいますね。どうやらアプデでハードよりも上の難易度が増えていったようです。

私は最初はノーマルを選んでプレイしていたのですが、序盤をプレイして少し物足りなく感じ始め、途中でノーマルからハードに難易度変更が出来なかったので最初からハードを選んでやり直しました。

ゲームを始めると既に混乱状態の街からスタートします。映っている女性は恐らく妻なんだろうなあ、と思いつつムービーが続きます。脱出用のヘリには残り二人しか乗れず、主人公であるディーコンも乗れたのですが相棒であるブーザーと残ることに決めます。

そして二年が経ちます。ディーコンはブーザーと共に賞金稼ぎとして生き残っておりました。この作品はバイクに重きを置いたゲームらしく、早速バイクの操作を要求されます。少しばかりクセはありますが、すぐに慣れると思います。

スティックを押し込むと周囲にある手がかりやアイテムの場所が強調されます。スキルを覚えると敵の位置も把握できるようです。

ただ画面の明滅があるので苦手な方は少し酔ってしまうかもしれません。

チュートリアルを受けながら先に進みます。世界は既にフリーカーで溢れておりました。色々な形の敵を相手にしつつ、時には逃げつつ生き残ります。また、人間を相手することもしばしばあります。

至る所で素材集めをしてアイテムをクラフトすることが出来ます。限られた数しか持てないので使いどころが大事です。

ちなみにフリーカーを倒しても弾丸が落ちたりはしません。身体の一部を持って行って店に売ることが出来ます。まだ通貨は機能しているようです。同じように植物なども採取して売ることが出来ます。

さて戦闘には基本的に銃を用います。メイン武器が一つとサブのハンドガンが一つ、それから特殊武器が一つしか持てないのでどの武器を選ぶかは非常に重要です。自分のプレイスタイルにあった銃を選ぶと良いと思います。

ただ基本的にヘッドショットが有効なのでスナイパーライフル(特殊武器)も強力ですが、接近されることも多いのでショットガンなども良いと思います。最終的には好みになりますが。

ただ、今作品は接近戦も非常に強力です。元から壊れない(ここ重要)ナイフを持っていて、それ一本でも1~2体までなら何とか戦えます。回避行動もあるのでノーダメージも難しくはないです。また、角材や斧などの接近武器も拾えますが使用し続けていると壊れてしまいます。

また、背後からのスニーキングにより一撃で仕留めることも出来るので、そういったゲームがお好きな方にも満足して頂けると思います。私もこういう弾薬節約が出来るゲームは大好きです。

拠点では弾薬補充が出来たり銃のロッカーなどもありますが、この先もしかしたら拠点での戦闘もあるのかもしれません。

それからタッチパッドで地図をすぐに表示出来たりスキル習得画面に移行出来ます。敵を倒したりミッションをクリアするとレベルが上がりスキルポイントをもらえます。何に使うかは自分次第なので自由度はある程度高いと思います。

 

……という感じですね。オープンワールドなので合う合わないはありますが、荒廃した世界でフリーカーや人間(更には動物)との戦いはかなり緊張感があって楽しいので気になる方は是非ダウンロードして頂ければと思います。

ただ、こちらの作品はZ指定なのでダウンロードには年齢認証用のクレジットカードの登録が必要になります。お気を付け下さいませ。

それでは今回はこの辺で。また次回お会い致しましょう~。

『ウマ娘 プリティーダービー』御紹介

投稿日: カテゴリー 徒然

こんにちは、最近段々と暑くなってきたような気がします。少し早いような気もしますが、そろそろ衣替えの時期かもしれませんね。

さて今回は最近ハマっているゲームを御紹介したいと思います。今回は珍しくアプリゲームになります。

『ウマ娘 プリティーダービー』

今、巷で話題になっているのでゲームやアニメを知らなくても名前だけは知っているという方も多いことでしょう。

Cygamesさんより配信されているアプリですね。現在、スマホやPCでもプレイ可能となっております。アニメも二期まで放送されました。

言ってしまえば競走馬の擬人化、ということになるのですが設定としましては異世界(現実世界)の競走馬の名前と魂を受け継いで生まれてきた少女たち(Wikiさんより)となっております。

つまり、過去に有名だった競走馬の名前がそのまま使用されており、私も昔プレイしたことのあるダービースタリオンだけの知識ではありますが知っている名前も多かったです。

そのウマ娘と呼ばれる少女たちがトレセン学園と呼ばれる場所で日々トレーニングをしつつ、競バ場でレースに出走するというものなのですが……これだけ聞くと首を傾げてしまうかもしれませんので実際のゲーム画面を観て頂いた方が早いかもしれませんね。

ゲームのメイン画面はこんな感じです(ちょっとだけ加工しておりますが)。このゲーム作品のメインコンテンツは「育成」です。その育成は自分が選んだパラメーターを上げたりスキルを覚えていったりしつつ、途中途中でレースに参加しながら最強のウマ娘を目指すというものです。

育成画面はこんな感じですね。はい、そうです。ほぼパワプロのサクセスですね。まあ、どういう経緯でこういうシステムになったのかはここでは特に触れないようにさせて頂きますが、個人的にパワプロもサクセス目当てで買う人間なのでとても嬉しいシステムです。

体力によって練習に失敗率があったり(体感的にパワプロよりも失敗しやすい印象)、休憩したら不眠症にランダムでなったり途中でダイジョーブ博士のような人が出てきたり……やればやるほどそれっぽいです。もしかしたら自分はパワプロの最新作をやっているのかもしれない……とほんの少し錯覚してしまいそうになります。嘘です。

あとちょっとしたミニゲームがあったりもします。

さて主人公はウマ娘たちのトレーナーであって、自分がレースに出走する訳ではありません。育てたウマ娘が頑張ってレースをしてくれます。レース途中に操作なども無いです。育てたウマ娘の勝利を信じて眺めるだけです。

いや自分が操作したい、という方には合わないかもしれませんが、その分育成一回は早く終わります。一度勝利した(?)レースはスキップで結果だけ確認できるのでストレスフリーです。ストーリーもスキップ機能が備わっているので快適です。

ただ、ストーリーは各キャラクターとも良いお話が多いので、時間がある方は一度は読んで頂けると良いと思います。

またレースは観ているだけ……とは言っても本気で燃える展開が多い上に実況も含めクオリティが非常に高いです。特に最終コーナーの辺りでドキドキしてしまいますね。ゴールまで何が起こるかわからないのはやはり実際の競馬に近いものがあるのでしょうか。

見事一着でゴール出来たり、URAファイナルズという最終レースで優勝出来ると何度育成していても嬉しいものです。

そしてレース後にはウイニングライブと呼ばれる勝利したウマ娘がセンターを飾るライブが開催されます。アニメでこのシステムが登場して初見の私は「一体どういうことなんだ……」と思ったものですが、今となっては無くてはならない要素だと思っております。

というのも、この世界のレースでは現実で言うところの馬券を購入するなどの行為は無く、言うなればウマ娘たちはアイドル的存在であるのでライブもあって然るべきなのかもしれません。

さて育成後は総合評価が出たり、次のウマ娘を育てる際に引き継げる能力がとある条件の下ランダムで付いたりなどやり込み要素もあります。正直、色々と考えないと一筋縄ではいかない難易度になっていると思います。上位を目指そうとすれば尚更です。

一度の育成に少しばかり時間はかかりますが、ついつい時間を忘れてプレイしてしまう程の没入感はあると思います。実際私はそうなっております。

リセマラも非常に楽だったので(重要)是非興味のある方は一度プレイしてみて下さると嬉しい限りです。

 

……という感じですね。また機会が御座いましたら何かプレイ日記的なものを書くことが出来れば良いなあ、と思っております。

それでは今回はこの辺で。また次回お会い致しましょう~。