千値練10周年記念展にいってきました。1/2

6月のじっとりとした雨の週末、
偶然にも休みが取れたので、
慌てて予約した夜行バスに飛び乗り、

千値練さんの10周年記念展にいってきました。

場所は東京駅からほどなく近く、秋葉原と御徒町の間にあるアーツ千代田。
10周年を象り、雄々しく大きいゴッドセンチネルが出迎えてくれます。

 

まずは千値練さん10年のあゆみ。リリースアイテムの展示です。

千値練さんの商品はカテゴリーがたくさんありますので
おおむねシリーズ毎に展示ブースが分かれています。

ごくごく初期のRIOBOTたち、

完成品TOYが極端に少ない「ブレイクブレイド」のデルフィングシリーズ、
小松原博之氏が原型を手がけたエヴァンゲリオン初号機など。
発売当時は意外なアイテムをリリースする印象が強かったような気が。
そして変態可動の名前を欲しいままにしたグレンラガン。

どれも今では超貴重品です。

 

新川洋司氏がデザインしたメカが多いのも千値練さんの特徴。

ジェフティやアヌビス、見切れていますがメカゴジラ「紫龍」など。
適度な価格とクオリティの完成品自体は市場にありましたが、
デザイナー完全監修のハイエンドモデルの発売はファンを沸かせました。

 

    • ダイナミックさんのスーパーロボットは大胆アレンジのものが印象的です。

      比較的最近のゲッターロボデボリューションのゲッター1と
      スペイザーと合体でき、強化装甲モードを再現できるグレンダイザー。

      スティック版があまりにも人気過ぎた「モスピーダ」シリーズ。

      約1/12スケールで変形合体が再現できるのはT-REXさんの設計ならでは。
      レイに続いてブロウスーペリアが夏の発売が予定されています。

       

      4インチの小ささでありながら、超可動を盛り込んだシリーズ「4インチネル」

      ロックマンやFGO、ゲッターパイロットなどがシリーズでリリースされています。
      可動ものもありますが、バイプレイヤーは非可動のものも発売されました。

       

      そして待望の1/6スケールの大型可動フィギュアシリーズ。

      すべて「限値練」という千値練さんのオンラインショップ限定で発売され、
      「ULTRAMAN」の完成品としてはかなり先駆け的な商品だったかと思います。
      このままエーススーツまで突っ走ってほしいところですが・・・。

       

      実はマシーネンクリーガーも発売していた千値練さん。

      ハッチオープンできる1/16スケールの可動モデルです。
      カウツのちょっと複雑なハッチも問題なく開閉させられるMa.Kの貴重な完成品。

       

      ビッグサイズの完成品TOYといえばやっぱりこれですね。

      巨神ゴーグ。ガレージキットが発祥だったかと思いますが、
      のちにマノンタイプも立体化されました。

      マーベル作品のアレンジ立体も魅力的なRE:EDITシリーズ。

      赤と黒のハルクバスターが異質なくらい大きいです。

      そんな中もうひとつビッグサイズの商品が。

      ピンサー付きのアイアンスパイダーです。
      スーツの一部が布製なのが特徴的です。

       

      タツノコ系ヒーローなどが可動TOYで発売される「ファイティングギア」

      「インフィニティ・フォース」の放送もあってか、
      カラーバリエーションを含め、充実のラインナップ。

      千値練さんといえば「ONEPIECE」も数多くリリースされてきました。


      幻の北米版エースや、H.O.O.K..,H.A.T.などのマグネットTOYなど。

       

        • ここからはサクリとスナップを。

          ジョジョグッズは雑貨率高め、岸辺露伴率が高めです。


          ソフビシリーズ「SUSHI L.A.」は最近シリーズが一気に増えました。

           


          「よつばと!」のダンボーもMa.Kのなどとのコラボ商品が。

           


          「POLYGO」シリーズはディズニーやポケモンなどが充実。

          写真はまだまだありますので、

          来週もこの「千値練10周年記念展」の展示をご紹介させていただければと。


          次はフォトコンテスト~の内容からお届けする予定です。