第2弾『Re:ゼロから始める異世界生活 氷結の絆』

投稿日: カテゴリー 徒然

Re:ゼロから始める異世界生活の劇場版第2弾『Re:ゼロから始める異世界生活 氷結の絆』を観に行ってきました。

私にしては珍しくTV版をすべて観てからの鑑賞となります。魅力的なキャラクターの多い作品ですが私の押しは何と言ってもエミリア、いえっエミリアたんです。予告編から今回は特にエミリアたんにスポットがあたった作品として始まる前から非常に楽しみにしておりました。そんなわけで早々に観に行ってきました。

簡単な内容だけ少し書かせていただくと、パックとエミリアたんの出会いとかが中心のお話で、主人公のスバルとエミリアたんが出会う前の切なくも悲しいお話です。なのでラムやレムなど本編の主要人物はほとんど出てきませんが、エミリアたん押しの私には全く関係なく、むしろ私のためのお話と言っても過言ではない(?)お話です。

パンフレットです。

エミリアたんまじ天使(by スバル)です。もうパンフレットの表紙からエミリアたんの可愛さがあふれています。パンフレットの内容?そんなものはどうでもいいんです!!!

最近の劇場版の流行はパンフレットにクリアファイルをつけることのようですね。

エミリアたん、ラムとレムのイラストが描かれたクリアファイルがついていました。ラムとレムも可愛いですが、やっぱり私はエミリアたんが一番ですね。

そして今回の入場者特典は、

小説です、96ページもありますので特典とは思えないぐらいですが間違いなく特典です。この表紙のエミリアたんも可愛いですよネ・・・・・・・いい感じです。ですが映画のエミリアたんはもっともっと可愛いので皆さんも是非映画館でその可愛さを体験してください!!!

あっ、それと映画本編が始まる前にある鑑賞上の諸注意を同作品の本編に登場するペテルギウスというキャラクターがしてくれるのですが以外にハマっていて、そちらも必見です。まぁエミリアたんの可愛さにはかないませんが!!

それでは今回はこの辺で!!!

しゃぶしゃぶ!

投稿日: カテゴリー 徒然

この間健康診断で血液中の脂質が足りないと書かれていたのでお肉を食べに行くことにしました・・!
今回はこれからの季節はさらに美味しいしゃぶしゃぶ♪
そんなしゃぶしゃぶ食べ放題のお店【しゃぶ葉】に行ってきました!

コースが色々あるのですが、今回はディナーの三元豚食べ放題コースにしました!
三元豚バラ、三元豚肩ロース、鶏肉、つくねが食べ放題で1799円(税抜き(土日祝は+100円)で制限時間100分というお手頃さ♪
しかも、これだけじゃないんです!席から歩いたところにあるお料理卓に新鮮野菜や中華麺にうどん、ごはん、カレーなどなども食べ放題!
お肉以外もたくさん食べてしまいます・・・・!
これだけでも十分なのにさらに!ソフトクリームなどのデザートまで・・・・!すごい・・・!!!

メニューを決めたらおだしも決めます♪
基本の白だしと好きな鍋だしを1つ選べます!おだしの種類も豊富・・・!悩みつつも本格すき鍋だしにしました!とてもこのだしに合う卵付きです♪

お鍋の用意が出来るまでの間、お料理卓のところでいろいろな野菜などをとってたんですが、なんと!
ワッフルメーカーが!!!!!
自分で作って食べれるという楽しさもたっぷり♪
ワッフルメーカーに用意されている生地をお玉一杯分を乗せ、フタを締めて2分待つだけの簡単な作業!
しかも作ったワッフルに先ほど紹介したソフトクリームを乗せたり、たくさんのソースがあるのでそれをかけて好きな様にトッピング出来ます(*^_^*)
待ちきれず、お肉を食べる前に作ってしまいました(゚∀゚ゞ)


ワッフルももちもちですごく美味しいです・・・・(*^▽^*)

で、メインのお肉!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!


見てください!!この赤身の美しさ・・・・・・!!!
では早速お鍋に先ほどとってきた野菜やキノコを入れて・・・・

お肉をしゃぶしゃぶ~~!!!!

ああああっ肉!!肉だ!!!

良い色にしゃぶってる!!!
タレも先ほどのお料理卓にたくさんの種類が用意させているので、焼き肉風のタレで頂くことにしました!

!!

口の中に肉の柔らかさと優しさが広がる・・・・・・!!!!!!
焼き肉のタレ独特の強さもこの優しいお肉とも合います・・!!

すき鍋のおだしの方でしゃぶったのは卵で頂きます!!!!
これも卵と絡み合ってウマい・・・・・・・・・・・・・・・・・・!!

制限時間ギリギリまで食べ尽くしちゃいました・・・(*^_^*)
ワッフルも3回も作ってしまいました♪

美味しいしゃぶしゃぶだけではなく色んなものも味わえるので是非!!

2019年11月11日おすすめ予約商品のお知らせ

投稿日: カテゴリー 徒然

本日はメタルボックスのウェブサイトから購入できる予約商品のご案内です。

※各アイテムは画像クリックで商品ページにジャンプします。

いつもお世話になってます、コトブキヤさん。

コトブキヤ メガミデバイス アリス・ギア・アイギス 吾妻 楓【皆伝】

皆伝仕様となり、スーツやギアの色が大きく変化した吾妻 楓です。ゲームで使用できるプロダクトコードも付属します。素体をリニューアルしているので、ただのカラバリじゃないところが嬉しいですね。

コトブキヤ ファンタシースターオンライン2 マトイ Nidy-2D-Ver.

人気オンラインゲームよりイラストレーターNidy氏の描き下ろし仕様でマトイが立体化。原型も監修も最高の布陣で、発売が楽しみなアイテムです。キツネ系の和テイストフィギュアは最近ホントに人気のようで・・・。

 

オモチャといえばタカラトミーさん。

タカラトミー トランスフォーマー アースライズシリーズ ER-02 オプティマスプライムwithトレーラー

すみません、普通にコンボイだと思っていましたが、映画っぽくない形状でもオプティマスって名前がついているんですね!? トレーラーが整備基地みたいになっていて、ビークルも人型も楽しめる嬉しいアイテムです。

 

ハイエンドモデル大好き千値練さん。

METAMOR-FORCE”BARI”ATION 超重神グラヴィオンZwei ソルグラヴィオン

TV放送いつだったっけか…。アツいOPが印象的な「超重神グラヴィオンZwei」よりソルグラヴィオンがまさかのハイエンドモデルで立体化!「炎皇合神」出来てしまう合体系合金TOYでありながらプロポーションも抜群で「バリ」っとしてます。

 

リーズナブルでコスパ高めのロボットはバンダイさん。

ROBOT魂 OVERMAN キングゲイナー キングゲイナー&ガチコ

富野由悠季監督の元気なアニメ「オーバーマン キングゲイナー」より主人公のゲイナーのキングゲイナーと、ゲインのガチコがセットで立体化です。壽屋さんのワンコインフィギュア、マックスファクトリーさんのデザイナーズ版、海洋堂さんのリボルテックとも異なる、プレーンな可動フィギュアになりそうです。

 

バンダイさんの新商品は下記でもいろいろ予約中です。

予約期間が終わってしまうと、アイテムによっては店頭販売がなく、なかなか買えなくなってしまう昨今のおもちゃ事情。好きなアイテムがありましたら、忘れずに予約してくださいね!

MBボルテス製作中~

投稿日: カテゴリー 徒然

ほんと早いもので今年も残りわずかな感じでビックリです!!

なのに!!仕事は残り放題!!!

とりあえず年内のこりわずかを巻きで頑張ります(泣)

そんなわけで只今製作中の物は~

MB第47弾、長浜ロマンロボシリーズ第2作「超電磁マシーン ボルテスV」よりボルテスVです。

コン・バトラーVとくればそりゃ~きますよねってことでボルテスV、塗装見本只今製作中です!!

結構パーツ分割をしていますので、マスキングのストレスを軽減する仕様になっておりますよ。

そんなわけで発売を楽しみに待っていてくださいね~。

『仁王2』β体験版感想 その1

投稿日: カテゴリー 徒然

こんにちは、今回の内容にも関連することなのですが、今月のPS Plus(※加入者のみ利用可能な定額制サービスで無料配信のゲームソフトやゲームのセーブデータをネットワークに預ける事が出来るオンラインストレージやオンラインマルチプレイが可能なサービス)の無料配信ゲームは11月6日から配信されているのですが……。

なんと今月は『仁王』が配信されております! 恐らくDLCなどは別料金となるかもしれませんが、このゲームソフトに関しては特に購入頂いた方が何倍も楽しめると思うので、本編をプレイして頂いて面白いと感じられた方は是非そちらも御購入頂けると良いかもしれません。

さてそんなお話の流れで今回はタイトルの通り、『仁王2』のβ体験版感想を少しばかり書いていきたいと思います。

少しばかりネタバレというか体験版の内容全てに触れる感想記事となりますので、自分の目でちゃんと確かめたいという方などは御注意下さいませ!

 

 

 

では始めます。

 

まずこの体験版はオンライン専用となっております。なので、オンライン環境が無い方はプレイが出来ないと思われます。そちらは御注意を。また、配信期間は明日10日までとなっております。

ゲームを始める前になんとキャラメイクが出来ました。面倒くさがりな私はボイスの種類だけ変更してすぐにプレイを開始してしまいましたが、色々な設定で細かくキャラメイクが可能になっておりますので、御興味のある方は是非チャレンジしてみて下さいませ。

また、キャラメイクのコンテストも開催されているようなので、もし宜しければそちらもチェックしてみて下さい。採用されるとキャラクター外見のテンプレートとして実装されるようです。

さてゲームを開始すると、まず最初に使用する武器を八種類くらい(?)の中から二種類選ぶことになり、選んだその武器を貰うことが出来ます。

ただ、ゲームを進めていくと様々な武器が手に入りますので、何となく触った感じで選んだものの気に入らない場合にはすぐに持ち替えることも可能なので、そこまで大いに悩むことは無いと思います。

ちなみに私は『仁王』の頃から二刀信者なので今回も悩まず二刀を選びました。もう一つは何となくで選んでおります。攻撃モーションなども特に大きく変更は無いようなので安心して使用することが出来ました。

さあゲーム開始です。短めのムービーが流れた後、早速操作が出来るようになります。ここからステージ攻略が始まります。

何やら見たことのある方がいらっしゃいますね……。どうやら声も本人があてているようです。というかやっぱり似合いますね。

ちなみに画面左下に表示されている部分にショートカットでアイテムを装備出来ます。それぞれ十字キーの上下左右ですぐ使用可能です。現在装備している上の『3』と表示されているのは仙薬という回復アイテムです。ダークソウルでいうところのエスト瓶ですね。

左上は体力や気力ゲージ、右下はお金やアムリタ(経験値で、ダークソウルのソウルにあたります)など、表示は色々とありますがプレイしている内に徐々に見るべき場所は分かってくると思います。

開始すぐに拾った頭防具で忍者っぽくなりました。ニンジャナンデ!?

こんな感じで装備する防具や武器によって外見が変化します(一部システムによっては変化しません)。ちなみにこの後別の防具を拾ったのですぐに外してしまいますが。

今回もありますスキル振り分けシステム。何だか格好良い感じの画面になっていますね。ただほんの少しですが見辛く感じるのは私が歳をとってしまった所為なのか、単純に見辛いだけなのか……。

最初のステージを進むとすぐに『社』という回復・セーブポイントがあります。そこでレベルを上げたり一部の装備を変えたり、戦いが続くゲームの中では安心出来る場所であり、倒されて何度も戻される憎き場所でもあります。

当然といえば当然ですが、敵に倒されたり落下死してしまったり水没(正直私が今回の体験版の死因で一番多かったかもしれません)してしまったりすると、そこにアムリタや守護霊と呼ばれる物を落としてしまいます。それを回収する前にもう一度倒されてしまったりするとそれが全部無くなります。

ダークソウルやブラッドボーンなどのゲームを良くプレイされている方としては『いつもの』という感じでしょうが、あまり、もしくは全然プレイされない方からすると理不尽に感じるかもしれません。ですがそういうシステムだからこそ一つ一つの行動に緊張感が増して面白いと思っております。

ちなみにこれは私が見事に引っかかった落下場所です。酷いことに近くに敵やアイテムも設置するという徹底ぶりです。落下した瞬間「やられた」と思わず笑みが漏れてしまいました。他の方もきっと落下されたことと信じたいです。

なかなかクリアが出来ないという方はオンラインに繋いでいると協力してくれる味方を呼び出すことも可能ですので、そちらも是非使って頂ければ良いと思います。ただ、オンラインに繋いでいるが故に苦戦を強いられる場面も勿論あるのですが……(主に琵琶牧々という敵対する他のプレイヤーを、自分が近付いただけで勝手に蘇らせてしまう妖怪のことですが)。

さて少し敵と戦っていたらアムリタ(経験値)が溜まりましたので早速社でレベルアップをします。『体』や『技』等の何種類かの中から一つをあげると、それによって上がる能力値が違います。

体力をずっと上げていくもよし、攻撃力をひたすら上げるもよし、という感じですが、あまり偏って上げていくと装備の効果が発動しなかったりすぐに気力(スタミナ)が切れてしまったりなど様々な部分で不便なことが生じるので最初はある程度まんべんなく上げていくのもありかもしれません。

……とか言いましたが私はひたすらに気力ゲージを上げておりました。また、今回から(だと思います)気力回復速度もレベル上げで成長させることが可能になったので、そちらも上げておりました。

前作をプレイした個人的な感覚ですが、やはり気力は何よりも大事です。次に体力・守備力、それから攻撃力といった感じでしょうか。気力が少なければ攻撃や回避・防御などですぐ無くなってしまい、挙げ句の果てに気力が切れれば少しの間行動不能になったり、気力切れの間に攻撃を受ければ大ダメージといったデメリットが非常に辛いので私は気力信者になっております。

私が前作で二刀を選んだのもスタミナ管理がしやすいのと回避がしやすいという理由です。あと単純に好きだからです。二刀、格好良くないですか?

前作を何周も何周もしていくと攻撃力がかなり重要にはなってくるのですが、そこまではまた別のお話ということで……。

……と色々述べましたが、結局の所は個人の趣味なので好きに上げていくのが一番だと思います。前作ではひたすら忍術の力を上げてとてつもない威力の手裏剣を凄まじい速度で投げる、みたいな物も流行りましたし、つまりは自由です。それを自分なりに考えていくのがこの作品の楽しいところだと思います。

敵が落とす武器や防具の強さや能力もランダムというハクスラ要素もこの作品の大きな魅力の一つです。自分なりのビルド(スタイル)を考えて強敵に勝利した瞬間、本当に楽しいと感じる事が出来ると思うので、他の人の装備や成長の仕方に流されず鍛えていくことをお勧め致します。

色々と話していたらかなり長くなりそうなので、今回はここまでにしたいと思います。

次回はステージ攻略を主にお話していこうと思いますので、もし宜しければまたお付き合い頂ければと思います。それではまた~。

石ノ森漫画館にいきます!!その1

お仕事で石ノ森章太郎先生の聖地、石ノ森漫画館へ行くことになりました!!

どこにあるのかというと、宮城県石巻市。

震災でも津波で大被害を受けたところでもあります。

車でも行けなくもないですが、時間も惜しければ、着いたところで力尽きるのでお仕事するには・・・

先週、自走で九州まで行って体力が落ちていることを痛感したばかり・・。

ということで!今回は飛行機で一路仙台空港へ!

20年位ぶりの飛行機なのでたのしみ!

外を眺めているだけでついてしまいました。

伊丹から1時間ちょっとで仙台空港まで。

 

個人的には東京以西のほとんどの県は自走で行ったことがありますが、東北地方初上陸です。

あと2県で本州最北端・・・感慨深い。

ここからレンタカーを借りてさらに60キロ北上しなければ、がんばります。

空港から一時間ちょっと車を走らせて、ようやく到着!!

石ノ森漫画館!!!不思議な形の建物です。

入り口外側の壁には著名な漫画家先生の手形が並んでました。

そして、偶然ですが仮面ライダードライブのトライドロンが展示されていました!!ラッキーです!! リアフェンダー付近にNSXの名残も。かっこいい!!

車内にはちゃんとベルトさんもいました。

そしてここが入り口。

ガラス越しに広々とした物販コーナーが見えます!

メタルボックス製品もこちらで販売されています。

そして、中へ。

受付カウンターにはサイボーグ009の衣装を着たお姉さんがいました。

スロープで二階へ上がる途中には石ノ森章太郎先生の歴史が展示されています。

途中の休憩コーナーにはブロンズ製?の1号がベンチに座っています。

一緒に写真も撮れます。

見どころが多くて写真がいっぱいありすぎるので、今回はここまで!

次回は2階、3階の展示スペースをご紹介します。

つづく

フィギュアーツZERO 悪魔の子ニコ・ロビン

本日は、『フィギュアーツZERO 悪魔の子ニコ・ロビン』の紹介を
したいと思います。

『ONE PIECE』コミック表紙をそのまま立体化するスタンダード
フィギュア11種が、フィギュアーツZEROで登場です。

第九弾「悪魔の子ニコ・ロビン」は、気品溢れるロビンの表情が
再現されています。

指先までこだわったセクシーなポージングがポイントです。


また、別売りの「鉄人フランキー」に付属するロビン用交換頭部
パーツ、ロビン用交換腕部左右を使用する事で、『ONE PIECE』
コミック64巻表紙と同じポージングを再現する事が可能です。
ただしポージングの再現には「フィギュアーツZERO 悪魔の子
ニコ・ロビン」が2体必要となっています。

本日は、『フィギュアーツZERO 悪魔の子ニコ・ロビン』の紹介でした。

『クロール -凶暴領域-』

投稿日: カテゴリー 徒然

なぜか、すご~く気になってしょうがなかった『クロール -凶暴領域-』という映画を観に行ってきました。

一言で説明するとワニが人を襲う映画です。

『ジョーズ』シリーズや最近では『MEG ザ・モンスター』などサメが題材の映画は結構見ましたがワニが題材の映画は『アリゲーター』以来ですか、懐かしいですね。

たぶん少し前に巨大生物を捕まえろ的な番組でワニを捕獲するというのを見ていたので観たくなったんだと思います。

パンフレットです。『アリゲーター』に登場するワニは巨大化したワニでしたが、コチラは大型もいるとはいえ基本は通常サイズです。ただし大量に出没します。

ヒロインの女性はなかなか綺麗ですが、ワニと近接戦闘できるぐらいに強いです。彼女の父親も一緒にワニに襲われて2人で立ち向かうのですが基本的に大けがをするのは父親です。彼女も結構かまれたりしているのですが、泳いだり飛び回ったりしています、主人公補正というヤツですネ。でも綺麗なので許します。

パンフレットにワニに関する情報も少し載っていました。そういやワニが水中で獲物にかみつきながらぐるぐる回転する必殺技ってなんだっけ?と思っていたらパンフレットに載っていました。デスロールって言うようです、中二病の人がつけそうな名前です、いい名前ですね。

最近はアニメ映画かSF映画を観に行くことが多かったですが久々に普通(?)の映画を観に行きました。入場者特典はなかったですが、逆に言うと特典目当てに何回も同じ映画を観に行くこともないわけで、とても良いですネ。特に経済的な面で。

それでは今回はこの辺で!!!

 

おこめまつり!

投稿日: カテゴリー 徒然

11月1日から3日までグランフロント大阪のうめきた広場で開催されていた

【おこめまつり】に行ってきました!

 

日本各地のお米の産地の選りすぐりの炊きたてご飯を食べておかず巡りが出来ちゃいます!

まずはメインとなるおこめを買うため並びます!

やはりみんな大好きなおこめだけに行列がすごいです・・・!!!

並んでいる間にどのおこめを買うか悩みます・・・!(-ω-)
1時間半程並んでいよいよおこめにたどり着けました!!!!

で、選んだおこめは

福島産のひとめぼれ、福島産の天のつぶ、高知産のにこまるを注文しました!

ふっくら炊きたて・・・(*^▽^*)
しかもこのサイズで1つあたり100円という安さ・・・!!!ちなみに小サイズです!ボリューミーです(*゚∀゚*)
で、おかずにイベリコ豚のソーセージも買いました!

さてさて、おこめを味わいます!!!!

おこめという文字で表すと同じなのに、種類ごとに味、食感が全然違う・・・!!
まず、ひとめぼれはふっくらして甘みがあって優しく美味しい!!!!
天のつぶはなんといってもほどよい硬さで食べやすくて美味しい!!!
にこまるはやらかく甘みがあって粒が大きくって美味しい!!

どのおこめも最高です(≧∀≦)♪

おかずのイベリコ豚のソーセージもパリッとした最高の食感にジューシーで少し濃いめの味がご飯がすすみます!!!お酒との相性も最高だと思います!!


そしてこちら一緒に行った友人が注文していた牡蠣!!!大きい!!!!!しかもこの大きさで500円という安さ!!

 

どんどんとごはんもおかずもすすんでしまいおかずを増やしました!!!

 


ホワイトカリー!!

ココナッツの甘みとたくさんチーズが入っていて食べやすくまろやかでごはんとも合います♪


もう一品!しらす!!!

新鮮で良い食感で醤油の味が旨く染みこんでいてさっぱりとした味わいとでごはんがさらにすすみました!!

 

たくさんおこめもおかずも味わってふっくらした気持ちになりました(*^▽^*)
今回卵が品切れており、卵がけご飯が出来なかったので次回開催の時はリベンジしたいです!!!

富野由悠季の世界

投稿日: カテゴリー 徒然

本日は兵庫県立美術館で開催されている特別展に行ってきました。

 

その名も「富野由悠季の世界」!              

兵庫県立美術館さんはアニメなどサブカルコンテンツの展示会を

たくさん開催してくれる、関西圏では非常に貴重な美術館です。

神戸三宮から阪神電車でふた駅ほどで、アクセスの良さもありがたいですね。

 

 

エントランス前では富野作品のキービジュアルがお出迎え。

機動戦士ガンダムⅢめぐりあい宇宙、ガンダム Gのレコンギスタ、

伝説巨神イデオン、ターンエーガンダム・・・

これだけでテンションが上がってきます。

 

 

受付でチケットを購入すると日替わりで「しおり」がもらえました。

どの曜日のしおりも富野作品のキャラの集合イラストらしいですが、

月曜日はシークレットだったらしく(?)にこやかな富野監督でした。

 

ここからは展示ブースなのですが・・・

内容が濃すぎて、何も書けません。

富野監督のお父様から受けた影響や、中学生時代の宇宙観、学生運動に短編映画、虫プロ時代の絵コンテの速さ、フリー時代の苦節、高畑勲氏からの影響、そしてライディーンの神話っぽいアニメ、勧善懲悪でないザンボット3、政治が絡み合う1stガンダム、無限の力イデオン・・・企画書やら、OPの絵コンテやら、

このあたりで90分ほど経ってしまって閉館時間、あえなく退館を促されます。昼過ぎに入館したこともありますが、ひとつひとつ見ていくと、とても2時間くらいでは回りきれません。本気で見に行くかたは最低4時間くらいは確保しておいたほうが良さそうです。

しかもキュレーターさんが言うには、イデオンらへんでまだ半分くらいだそうです。つまり、このあとにはダンバイン、エルガイム、ザブングル、Zガンダム、ガンダムZZ、逆襲のシャア、ガンダムF91、Vガンダム、ブレンパワード、キングゲイナー、リーンの翼、ターンエーガンダム、リングオブガンダム、Gのレコンギスタなどなどアニメ作品に対しての富野監督の思いが絵コンテ、メモ、デザインなどになって数多く展示されています。

ロボットで気になったのがエルメス「ララァ・スン専用モビルアーマー」は富野監督が三面図を描いいたデザインであることや、富野監督が制作した1/100ガンダムのガンプラが無塗装銀に激しいダメージ表現で仕上げられていたこと、カトキハジメ氏のVガンダムの初期稿、オーラバトラーやヘビーメタルのデザイン案など、見どころ満載です。MAX渡辺氏の1/60グフも現物が展示されていたのも驚きです。

 

ミュージアムショップでは富野監督のことを好きすぎるであろうスタッフさんによる富野監督グッズに溢れていました。図録も欲しかったのですが、無難にプラモデルを購入。

MGガンダムF91のオリジナルプランVER.です。

映画公開ギリギリで現在のトリコロールに変えられたとか?

そういえばνガンダムも予告編では同じようなロービジカラーだったような・・・。

富野監督は兵器然としたカラーリングがお好きなのでしょうか?

 

箱のサイドには富野監督のメッセージが。

いい感じに自分の作品を反省する「富野節」が炸裂しています。

ちなみにF91の展示コーナーではこのカラーリングのデザイン画や、

富野監督によるF91のデザイン(アールやボリューム、脚のライン取りなど)に

対する細かな修正指示のメモも展示されています。

 

展示や売店を抜けるとほっと一息できるフォトスポットが。

サラやアナ姫さまと一緒に踊れる「キングゲイナー」のダンスシーンのパネル。

 

 

ジャンプしてサクセスを掴みそうな「Gのレコンギスタ」のベルリとアイーダ。

 

 

「機動戦士ガンダム」のホワイトベースクルーと一緒に走れたり・・・。

 

 

どうやって写真を撮ったらいいか、結構悩む(シャアみたいに割って入るのか?)いっしょにニュータイプ会話が楽しめるアムロとララァ。

 

 

サン、アターーックッ!

最後は人間サイズのダイターン3がお見送りしてくれます。

作品内容がザンボット3やイデオンが衝撃的すぎて、

ダイターン3がややプレーンだっただけに(?)、このインパクトはいいですね。

 

 

展示が半分くらいしか見れなかったのに情報量が多すぎて

脳が追いつかない感覚のままロビーへ戻ると・・・ポスターが。

いつのまにやら「劇場版 Gレコ」公開まで1ヶ月を切っていました。

これ、どうも第1部となっていたので、まだまだ続きそうです。

 

ロビーにもフォトスポットが。

書き割りの間に入って写真が撮れるそうです。

ちなみにフォトスポットには富野作品の名台詞が吹き出しとなって、手に持てる遊びも盛り込まれていました。「坊やだからさ・・・」とかも。

 

会場でも配布されているフライヤー。

フライヤーですらこの文字の量!

好きな方にはたまらない「富野由悠季の世界」は

12月22日(日)までの開催予定ですので、ぜひ足を運んでみてください。

 

 

 

ロビーにはでっかい御大。

チケット購入してから入場するまでに登る、

安藤忠雄氏らしい階段フロアにも技巧が凝らされていますので、

最初から最後まで楽しめるかと思います。