名将MANGA REALIZATION 無法者 ウルヴァリン

本日はBANDAISPIRITSコレクターズ事業部さんの新商品
名将MANGA REALIZATION 無法者 ウルヴァリンのご紹介です。

X-MENに登場するウルヴァリンが「和」モチーフにアレンジされ立体化されました。青と黄色のパーソナルカラーは踏襲されていますが、ピッチリとしたスーツではないのが新鮮です。

 

バストアップはなかなかの無法者。

兜と面にアレンジされた顔は無精ヒゲ含め、絶妙なウルヴァリン加減です。
特にヒュー・ジャックマンを意識した風でもなさそうな印象です。

 

アダマンチウム合金のツメは形状が異なるものが3種類付属しています。

鉤ツメ、カタナ、ギザギザの3種ですが
鉤ツメは和っぽいですし、カタナ状のは原点っぽいです。
ギザギザは傷の治りが遅くなりそうな形状が良いです。

 

どうしても最近のウルヴァリンはランニング1枚で
素顔でツメを出すイメージが強いような気がします・・・。
そしてツメをクロスさせる定番ポーズ。

いっそ日本刀も付属してほしかったような・・・。

 

アクションフィギュアとしてはよく動きます。

フォルム重視な雰囲気がありますが、野獣のような攻撃も再現可能です。

 

 

ギザギザのツメが凶悪過ぎてカッコいいです。

甲冑はブルーとイエローのメタリック塗装が施されていますが、
決してギラつき過ぎず、良い雰囲気を保っています。

 

下半身のバランスが妙に良いウルヴァリン。

草履がうまい具合に分割されているので、つま先も曲げたりできます。
ハイキックも余裕です。あと、背はそんなに低くないです。

 

デッドプールの隣に置いても良さげなウルヴァリン。

マーベルキャラが続きますが、DCコミックス系もバットマンをはじめ
「和」アレンジが似合いそうなキャラクターが多いので見てみたいところです。